住宅ローンとは

日本で家を購入するとき、大半の方が利用するのが住宅ローンです。
住宅はとても高価なもので、一生に一度の大きな買い物となります。
その金額は約3000万円から5000万円。
中古物件になるとさらに価格は低くなりますし、より良い家にしようとすると価格はさらに上がります。
中古でも新築でも金額にすると数千万円は必要になるので、それを一括で払うことができる方はそうそういません。
そこで利用できるのが住宅ローンです。


決まった期間で複数回に分けて支払いができるので、生活を圧迫することなく住宅の購入ができます。
家が完成した後は、住みながら住宅ローンの返済をしていくという形になるので、安定した仕事に就いている方や健康な方である条件が必要です。
これから住宅ローン利用しようと思っている方は審査があるので、そちらに合格しないといけません。
審査の項目については後の記事で説明しますが、まずは審査があるということだけでも頭に入れておきましょう。


住宅ローンは審査も甘く、合格しやすいと思っている方もいます。
事実として数年前がそういった風潮がありましたが、近年は変わってきています。
特に若い世代になるとフリーターや派遣、契約社員という方も多いです。


さらにはフリーランスや自営業も多い現代なので、申請したからといって確実に通るというわけではないのです。
だからこそ、収入は安定させておくことが必要ですし、健康であることなどが必要なのです。

Copyright © 2014 住宅ローンにも審査はある? All Rights Reserved.